カテゴリ:踊りのある祭り traditional ( 2 )

曽於市溝ノ口市洞穴の棒踊り奉納祭り

溝ノ口岩穴祭り
お祭りでは、朝、11時から、洞窟で、子供の奴踊りと刀踊り(棒踊りと刀踊りは隔年奉納)が奉納されます。
士気を鼓舞する姿が勇壮な棒踊り、刀踊りは、集落の保存会のメンズ達によって毎年奉納されます。
奴踊りは、現在は郷土教育の一環として財部の中谷小学校児童によって継承されています。
奴踊りは、島津藩が戦勝祝いとして始められたのが発祥とされ、
刀・棒踊りは、島津藩が農民達に棒術やなぎなた,鎌などの手を教えて,
戦時に備えていたことが始まりという説が多いようです。
この踊りは、旧島津藩領である、薩摩、大隅、宮崎の領域に分布している模様。
これから少しずつ、各集落の踊りを調べていく予定です。

曽於市のweb情報
http://www.sookai.net/blog/2011/04/post-71.html


曽於市財部町中谷集落溝ノ口「奴踊り・棒踊り」
2012年4月8日(日) 11:00 amより


開催日は毎年4月8日に近い日曜日、後ろにずれる事が多いとのことです。
出店などはせないので、集落の人は弁当持参で来ています。溝ノ口保存会は1年おきに棒踊りと刀踊りを奉納するそうで、平成24年は「棒踊り」、来年の平成25年は「刀踊り」の予定だそうです。

e0271882_217449.jpg

溝ノ口洞窟で奉納する溝ノ口踊り保存会のメンバーのみなさん

鳥居にかかっているしめ縄は、当日に向けて1週間前に集落の人たちで新しく編んでかけ直したもので、保存会の堤さん曰く「ちっと長げかった」
洞穴入口上部に磨崖仏あり。顔の部分が落ち、復元できずに観音像の前に置いてあります。

e0271882_2155980.jpg

中谷小学校の子ども達の奉納で、奴踊りも受け継がれています

踊りの後に小学校の新任の先生の紹介があったり、新しく結婚した人の紹介があったり等、地域に密着した行事になっているようです。

e0271882_21462429.jpg

集落の人々が集まり、賑わいを見せるお祭りの日

洞窟そのものも、どこまで続いているのか、調査はまだ終わっていないとのことで、
以前、200mまでは、鹿児島大学の調査で明らかになっているとのことです。

e0271882_21472169.jpg

洞窟前の鳥居

洞窟から流れる、きれいな水が印象的でした。

e0271882_2229463.jpg

洞窟の入り口にある観音様と落ちた磨崖仏の首

撮影:きり部長

ドキュメント映像はこちらで限定公開中
http://youtu.be/H6Zi-Bx2wPY


[PR]
by osumiart | 2012-04-08 13:41 | 踊りのある祭り traditional

肝付町波見 棒踊り 鎌踊り

毎年、3月に行なわれる棒・鎌踊り。
2012年は3/25(日)でした。
本来は、男踊りとして継承されていましたが、
近年では、女子学童も参加し、集落単位で、伝承されています。
e0271882_14263187.jpg

小学校2-3年、9才頃が踊り初めで、初めて踊る舞い手には、
お花代としてお祝儀を送り、代わりに、家に集落の人々を招いて
宴会をする習わしがあったようですが、
現在では、家での宴会は、省略される場合もあるようです。
e0271882_14282669.jpg

3集落がそれぞれの踊りと衣装でまず、権現山の麓にある住吉神社で奉納し、
山の麓の集落を順番に回ります。
神社と海と橋(川)に奉納する他、
家の庭先や商家の店先で奉納する様は、
お正月の獅子舞を思い出しました。
e0271882_14241836.jpg

集落で用意した軽トラックで、水分補給タイム

奉納された家では、お酒やお菓子、お花代(お祝儀)などを用意して
3集落の奉納をもてなしていました。

舞いとしての所作は、洗練された剣術の動きであり、
奉納という名の下に、集落単位で行なわれた
兵力維持のための訓練、という隠れ目的もあったのではないか、
と思われます。

最初に3集落がそれぞれ回った 武家屋敷の多い集落への
忠誠心と日頃の精進をお披露目する場、
と考えると、お披露目に対しての評価が
お酒やお花代であったかもしれない
という仮説は立ちます。

薩摩人の手強さは、江戸時代にも名高かったといわれていますが、
こういう風習の中にも、その一端を垣間見ることができます。

もう少し詳しく、調べていきたいと思っています。

e0271882_14201499.jpg

歌詞

以下、肝付町 波見(はみ)より抜粋
http://kimotsuki-town.jp/4572.htm

これらの伝統行事は旧暦の2月に年穀の豊穣を祈願する祭りとして行われていました。

 高山地区は豪族・肝付氏の城下として繁栄し、農耕の中心として栄えたのでこれらの行事がいまなお残っていると思われます。これらの行事が終わると田植えが始まり、肝付町に春がやってきます。

 多くの集落で行われてきた伝統行事ですが、踊り手の減少により存続ができなくなり、現在では波見・野崎の2つの地区で踊られるのみとなっています。

e0271882_14215878.jpg

夜の集会所での練習風景〜1週間毎日練習します

撮影:松本充明 / JOU

ドキュメント映像はこちらで限定公開中
http://youtu.be/61iaiKWqH4k


[PR]
by osumiart | 2012-03-25 13:46 | 踊りのある祭り traditional