カテゴリ:概要 general info.( 3 )

セカンドホームタウン

home, sweet home.
second home town project
e0271882_1425228.jpg


アートでつくろう、第二の故郷
セカンドホームタウン プロジェクト

東京がベースなのに、毎日3時間を通勤電車で過ごす。
鹿児島出身で、しょっちゅう鹿児島の母親と電話をして気遣い合っているのに
一緒に暮らせない家族。
電話の向こうは、耳慣れない方言。懐かしく、温かく、でも、意味がわからない言葉。

私は、小さい頃から飛行機に乗って、盆と暮れに羽田空港から鹿児島へ連れて行かれた。
大好きな鹿児島の祖母は、千葉の家に来て、私のベビーシッターをしながら何ヶ月か過ごしては、やっぱり鹿児島が良いと、帰って行った。

祖母の最期は、私がアメリカ生活を始める直前だった。
「もし、祖母が回復して退院できたら、アメリカ生活も仕事も全部一度辞めて、
1-2年位、祖母と一緒に鹿児島で生活してもいいかもしれない、、、」
と、半ば本気で思い始めていた時に、あっけなく逝ってしまった。

癌になって手術した祖母は、人工肛門をぶら下げながらの生活を1−2年した後だっただろうか...
最後は、鹿児島の病院に10日ばかり入院して、
家族が交代で泊まりにいき、親類のお見舞いがひととおり終わった頃、
逝ってしまった。
私が泊まるはずだったその晩に、逝ってしまった。
その晩、東京の家で祖母が遠くに行ってしまう夢を見て、泣きながら目が覚めた後の訃報だった。

祖母の最期を看取れなかったことが、ずっと心にひっかかっていて、
「忙しいのに、大変だろうから」と、それまで一度も看病に参加していなかった叔母に
私の泊まりの代わりを頼んでくれた母を逆恨みしたくなる気持ちになることすらあった。



その後のアメリカ留学では、ひたすら小作品を作った。
面白いコミカルな作品が主流だった。
悲しみを作品に反映できるようになるには、4−5年かかった。

本当の悲しすぎる時には、涙すら出ないのかもしれない。
涙は、ある程度、余裕があって初めて出るのかもしれない。

あの時、やり切れなかった看取りへの後悔が、
今の自分の鹿児島生活で噴煙しているようだ。

やりきれない思いや、達成できなかったことは、
時には、未来に繋がることもあるのかもしれない。

両親を関東に残してのJターン生活。
介護が始まったらどうなるのだろう?

地域おこし協力隊の任務が切れた後は、今まで通り
仕事があるところに出向くプロジェクト型生活になる。

仕事がある処に出向くとなると、今まで以上に、鹿児島にいる時間が
短くなってしまうかもしれない。
それでも、鹿児島で芽生え始めた自分なりの根っこを
末永く育むことを続けていきたいと思っている。

「ただいま」問い得る人達がいてくれる限り。
「おかえり」と迎えてくれる人達がいてくれる限り。

キラキラした光や気持ち良い風を、
あちらからこちらへ
こちらからあちらへ、
運ぶ役目。


自分にできること、自分が本当に良いと思えることを
無理せず楽しく、やっていこう。
[PR]
by osumiart | 2015-01-20 14:00 | 概要 general info.

大隅文化生活

大隅文化生活
JOUと松本充明は、東京を拠点にして、これまでも年に1〜2回、一緒に長いをして来ました。
2011年はそれが特に増えました。
フランス、ドイツ、デンマーク、スイス、ベルギー、オランダ、韓国、、、。

その、増えた1年間をかけて、世界や日本のあちらこちらを旅しながら
「自分達の住処は、本当に東京でいいのか?
を考え続けました。

そして、2012年、世界中のどの国よりも今、日本に住むことを選び
日本のどの地域よりも、まずは大隅半島に住むことを選びました。

理由は簡単です。
 「面白そう!」
触感というか、直感というか、そんな根拠です。

決め手は、1番の理由は、
「誰がどう作ったかわかる、新鮮で安全で美味しい食材を毎日食べたい」
2番目の理由は
人々の持つエネルギー地域可能性
そして、ここ、大隅半島で、やりたいことがいろいろあります。

もちろん、これまで通り、不定期的に何処か世界へ滞在する活動の旅も、続けます。
それはおそらく、東京だったり、鳥取だったり、ヨーロッパだったり、アジアだったりします。

私たち自身が、これまで通り、いろいろな町を行ったり来たり、移動しながら、
私たちと出会い つながっている世界中の人達にも、
ここ、大隅半島と日本に出会いに来てもらったり、
大隅半島から日本の他の地域や世界へ出会いに行ったりするような、
私たちのライフワークである芸術活動により、
人がつながり動き出し、新しい何かを生み出す
そんな きっかけになれたら うれしい、とも思っています。

そんなこんなを
少しずつ書き足してゆくので、どうぞゆっくりとおつき合いの程、宜しくお願い致します。
e0271882_16171577.jpg

水田に張られた水の美しさ。
ここから稲が育つ。大隅半島の春。



その根本とも言える考えの中に、
全てにおいて、誰にとっても、
私たちがどこで何をどうする、に関わらず、
日常の忙しさに紛れて、今、決して
ないがしろにしては いけないのではないのだろうか
と思うことがあります。

それは、
私たちがこれまで、何も考えずに、
【自分で選んで来た】と思っていることは
本当にそうなのだろうか?
それは、本当に、必要なことなのだろうか?


を、じっくりと考え、検証し、もう一度選び直す、
ということです。

日々の生活や活動に追われ、私たちが置き去りにして来た大切なこと。

そのツケがこれ以上大きくなって突然の災害として
これ以上私たちに降り掛かってこないように
今こそ、日々の暮らしの中で、考え、選択していきたいと思っています。


そして、私達が選択した、生活を変えるという
アクションは、「セカンドホームタウンを作ろう」プロジェクトへと
つながっていきます。

http://osumiart.exblog.jp/i18/


プロフィール

JOU(じょう)
コンテンポラリーダンス作家。舞踊家。振付家。演出家。
23才でOLをしながら踊り始め、その後、アメリカ、マレーシアでの生活体験をもとに、国や文化を越えて、ダンスで人やモノや場所をつなげる草の根ダンスネットワーク活動を、国内外で幅広く展開中。
2008年Seoul International Choregpraphy Fesitivalにて外国人振付家特別賞を受賞。
武蔵野美術大学非常勤講師としてメディアアートの中の身体表現について教鞭をとる。
横浜市、および東京都文化発信プロジェクト・パフォーマンス・キッズ・トーキョー派遣アーティスト講師として、都内小学校にてダンスの特別授業を実施。 http://odorujou.net
2013年末まで、南日本新聞文化コラム「南点」にて隔週金曜日連載執筆中。

松本充明(まつもと みつあき)
視聴覚作家・即興演奏家
パリ・ソルボンヌ大学映画学科大学院を卒業し、フランスで7年間活動後、帰国。electronics、改造シタール、バンドネオンなど、独自の方法で演奏する即興ライブを、国内外で展開中。イタリアのベネチア・ビエンナーレ、ドイツのボン・ビエンナーレ、ダンス・ミュニックなど、国際フェスティバルにて、インドのダンスカンパニーとのコラボレーションダンス作品でも劇中演奏するなど、様々な国際的アーティストらともコラボレーション活動を展開している。クロワズモンフェスティバル東京版のプロデューサー、キュレーターでもあり、鳥取大学などで即興演奏WSなども行なっている。 http://www.4-em.org
JOUとともに、おおすみ夏の芸術祭2012、おおすも-かごしま芸術祭2013発起人。

総務省地域おこし協力隊blogに掲載中です。
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4171/
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4171/


[PR]
by osumiart | 2014-12-31 13:49 | 概要 general info.

「セカンドホームタウンを作ろう」プロジェクト

鹿児島
セカンドホームタウン
プロジェクト

JOU と 松本充明が 2012年より立ち上げた
「鹿児島にセカンドホームタウンを作ろう」
という作家活動


イベントで育む
【ただいま】⇔【おかえり】

人と人がつながり、情報や場が共有されることが、私達の未来の可能性を開いてくれる。

「ただいま」と、いつでも帰って来れる場所。
「おかえり」と、いつでも迎えてくれる人がいる場所。
私達にとって「ホームタウン」とは、家族が住む場所であり、自分が幼少育った場所であり、自分が住む場所であります。そのなかで「人とのつながり」は、 思い出の場所や建物、家などを語る上で大前提になるものです。
家族というつながり。あるいは家族のように大切に思い合える人とのつながり。

私達にとって、
「ホームタウン」とは、一体なんなのでしょうか?
「家族」とは、一体なんなのでしょうか?




ひらく・つなぐのアート
つながるためにひらいている必要がある。つながった先にひらける別の世界がある。

 これまでにも、私達は型にはまらない自由なダンスや音楽という活動を通して、人やモノや場を国や文化や言葉の違いを越えて「つなぐ」枠にはまらないアート活動をして来ました。私達の創作活動は、劇場という枠を越えて、「人と人を出会わせた時に起こりうる化学反応をクリエイトする」という「現象創造活動」にまで及んでいます。それは、インターネット上では起こりえない、対面の出会いが生み出す実にダイナミックでミラクルな現象であり、町や人が時代を超えて元気になるエネルギーの元でもあるのです。
人や場をひらいて、つながった後に起こる現象、それが私達にとってのアートなのです。

【身体が変われば、世界が変わる】
 「身体性」を伴ったパフォーミング・アーツが世界にひらく可能性は、無限の未知数に包まれています。目の前で繰り広げられる時空間のアートを取り込んだ時、私達の世界は驚く程、変わることでしょう。

【作家としての直感】
 「生きる」ことは「動く」ことであり、人やモノがつながり合い循環し、創造的に動き続けることこそが、「生き生きとした生命社会」なのです。クリエイティブでポジティブなイベントを開催し、人と人が出会い、ひらき、つながる先には、21世紀型の新しい「生き方」へのシフトチェンジが待っている予感があります。それを作り出し試すのが、アートの社会での役割なのです。

【Act for JAPAN】
 震災後に「自分に何ができるだろう」と寄付をする方が増えたという話がありますが、皆さんそれぞれが「Act for JAPAN」を模索し、実行されておられるのだと思います。
「セカンドホームタウン」は、私達にとっての「 Act for JAPAN」であり、出会いの楽しさを味わいながら、劇場という枠を越えた私達のアートプロジェクトであり、日本が元気になるためにも住民の皆さんとライフワークで行なう壮大なクリエイションでもあるのです。


【鹿児島が世界のセカンドホームタウンになる】

 「セカンドホームタウン」プロジェクトで人々を呼び込もうとした時、私達は鹿児島を選びました。 主な理由は、美味しい食べ物を作った人と知り合い、つながれる、その可能性、全てにおいて「顔の見える暮らしができる」こと、「人々のもつエネルギーと地域の可能性」を直感的に感じたこと、そして、自分達が培って来た見えない財産を、父が育ち、祖母が暮らした大隅半島に還元したい、という3つです。そのためにも、人と人を「つなぐ」こと一つの主題としています。
 大隅半島、薩摩半島、鹿児島市内、鹿児島県内をアートでつなぎ、鹿児島と県外や海外をつなぐ先に、どのような世界がひらけるのか? その先には、世界中の人々から「セカンドホームタウン」として愛される鹿児島が あるのではないか、と思っています。


【プロジェクト推進のためのイベント】
第1弾:会場公募から始めた、大隅半島の市町をアートでつなぐ
広域パフォーミングアーツイベント
おおすみ夏の芸術祭2012 http://dapco.jp/oaf/fes/
*2013年以降の会場・共催も、募集します!
ボランティアスタッフも絶賛募集中!
一緒に作りましょう!!

セカンドホームタウンを作ろう
http://osumiart.exblog.jp/i18/

何故鹿児島か?←



[PR]
by osumiart | 2013-07-15 00:47 | 概要 general info.