カテゴリ:まち発見WS discover area( 1 )

蛍ツアー

大隅-月野・岩川・山重蛍ツアー

活動報告

開催日:2012年5月30日

ガイド:きり部長

関東では蛍は夏のもの、というイメージですが、ここ鹿児島では5月中旬から梅雨まで見られる、ということで急遽、踊る地域振興社企画の蛍ツアーを行いました。

振興社の地元代表、きり部長こと園田氏のガイドのもと、月野・岩川・山重の各ポイントを訪れました。

まずは、国道すぐ横の、月野の蛍ポイント。
民家、田んぼからもほど近い山側の用水路のところに、車のライトの光の中でも見える程の蛍が舞っていました。

用水路は若干高い位置にあるのですが、上がることができ、空を舞う蛍の近くで見ることができました。

恐らくここにいたのはヘイケボタル http://ja.wikipedia.org/wiki/ヘイケボタル
だと思われる。

何枚か写真をシャッター時間をかなり長く設定し撮影。

その後、次の岩川の蛍ポイントへ。

次のポイントは裏道、とのことで民家等はなく、用水路のある一部だけに蛍の一群がいました。ここでも、光り方から先程のヘイケボタルだと考えられます。

手にのっても光り続ける蛍でした。

最後に、もしかしたら、という予感のもと、名水が湧き出る志布志市有明町山重へ。
一見、何もいない様に、見えましたが、ライトを消して車を降りると、水源上方の林の中には、早いスピードで点滅する蛍の一群がいました。
この蛍は、月野、岩川の蛍と違い警戒心が強く(?)近寄り過ぎると、発光を止めます。一匹捕まえてみましたが、手にのっている時には全く発光しませんでした。
殆ど飛ぶということをせず、葉について発光しているようでした。
恐らく、ヒメボタルかと思われます。 http://ja.wikipedia.org/wiki/ヒメボタル

ということで、期せずして、2種類の蛍に出会うことができた、蛍ツアーでした。

記録レポート/写真:松本充明




[PR]
by osumiart | 2012-05-30 10:36 | まち発見WS discover area